永井一郎さま・・

私はひそかに、ここの中で「永井のお父さん」と呼んでいました。

永井さんに初めてお会いしたのは
私がまだ、デビューして間もない頃・・

事務所の先輩に
「番組の打ち上げ旅行に来られない人がいて、お前来ないか?」
と誘われ、

その番組とは全然関係ないのに
スキー旅行に行った時でした。

風除けマスクを付け
颯爽と滑る永井さんの姿に
思わず見惚れてしまったのを覚えています。

私といえば・・
小学生以来のスキーで
下の方でコケては滑りを繰り返す状態でしたが

そんな私に、
「こなみはスピードを恐れないからな~
その怖いもの知らずな所がいいよ!」
と言ってくれました。

雲の上の先輩からお褒めの言葉をいただいた私は
とっても有頂天になりました

その後、ようやく私もアニメの仕事を
いろいろやらせていただくようになり
『ファイバード』という作品でお会いして
「覚えていらっしゃいますか?」
とお聞きしたら
「おお、こなみか!よろしくな」
と嬉しそうに言って下さいましたよね。

それから、仕事などでお会いする度に
やさしく接していただきました。

画像


毎年、いただく年賀状も
私などより交友関係も広くお忙しいのに
必ず手書きで
暖かいメッセージを添えて下さいましたね

永井さんの優しさ、暖かさは
『サザエさん』を始めとした
様々な作品で多くの人に届いているのだと思います

今はとても切なく、悲しいばかりですが・・
本当にいろいろありがとうございました

心より、ご冥福をお祈り申し上げます・・・

"永井一郎さま・・" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント