東京月光魔曲

舞台を見て来ました。

ケラリーノ・サンドロヴィッチさんの作、演出作品ですが
今回の目的は、なんといっても瑛太クンです。

画像


今回のお話は、明治時代から昭和にかけて
戦争や地震といった災厄にあった人々の
ドラマを描いています。

その中で、瑛太クンは
様々な男を渡り歩く姉、松雪さんの弟をやっていて

かなり不思議というか
不気味な気配を感じさせる役をやっていました。

すごくドキドキしましたよ。

それにしても、最近の若いイケメン俳優さんは
舞台にも積極的ですよね。

Konaminの感想でいうと
テレビの場合はいろいろなカメラワークの影響もあって
演技力とかよくわからないんですが

舞台はごまかしが効かないので
力不足とかがわかっちゃうんですよね。

小栗旬くんの舞台を見た時も思ったんですが
本当にすごい俳優さんが多くて
見に行く方も楽しみです!

"東京月光魔曲" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント