伊東四郎一座&熱海五郎一座の

「日本映画頂上決戦」を見に行きました。

画像


今までにもこのシリーズは拝見しているんですが
王道の喜劇というか、
昭和の香りがする笑いが味わえました。

Konaminも、そんなに昔の作品を知っている訳ではありませんが
映画も小津安二郎の世界がすきだったり
レトロな日本の良さに親しみがあるんですよ。

今回の作品は、
たぶん、石原裕次郎さんの時代の
映画会社同士のライバル争いをテーマに
間に、それぞれのコントをちりばめた感じの作品でした。

東映と日活を混ぜて
東活と日映になってましたから。

仲がいい方たちの芝居は
ほっとできて、何があっても大丈夫なんだ・・・
という安心感がありますね~

Konaminもそんなお芝居ができるようになりたいもんです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年06月05日 22:29
映画を作る人達の役を、役者さんが演じるというのは、なかなかユニークですね☆
(^_^)

この記事へのトラックバック