天使と悪魔

見ましたよ!

画像


前回の「ダヴィンチ・コード」も面白かったので
期待いっぱいで・・・

Konaminは、もともと推理小説が大好きで
小学生の頃は、江戸川乱歩
中学生の頃は、モーリス・ルブラン
高校生になると、フレドリック・ブラウンなど
海外の推理小説をよく読んでいて

最近は、ゲームで逆転裁判とか
レイトン教授とか謎解きも好きです。

お仕事でも、コナンや金田一に出してもらうと
嬉しかったりしますね・・・

ただ、特に単純なものより
今回の「天使と悪魔」のように
推理の背景に歴史の謎なんかが隠されていたりすると
すっごくワクワクします!

推理と一緒に、その時代を生きていた人が
どんな思いでメッセージを残したのか・・・?
なんて想像すると楽しいでしょ!

何しろ、「天使と悪魔」の舞台は、バチカン。
システィーナ礼拝堂。
何年か前に行ってるんですよ。

有名なピエタも見てきて感動しました。
一応、Konamin。
カトリックの学校出身なので
以前のローマ法王のお話もよく聞いていたので
そのローマ法王をどうやって選ぶのか
初めて知ったのも新鮮でした。

今回のお話は、1日の夜、8時~12時くらいの間に
起こった出来事が中心なので
テンポもよくて長さを感じませんでした。

唯一、ラストはKonaminの想像通りでしたけどね・・・
ひょっとしたら、難しいと思う人もいるかもしれませんが
Konaminは面白かったですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年06月05日 22:23
「天使と悪魔」、おもしろそうですね!
私は「ダヴィンチコード」もまだ見ていないので、DVD化されたら併せて見たいと思います。

ところで金田一でKonamin姉様が演じたのは、「露西亜人形殺人事件」の回の霧江想子……。
あの鬼気迫る演技は、Konamin姉様の力をまざまざと見せつけるものでした。鮮烈な印象を残したキャラクターでしたね。

システィナ礼拝堂、私も行ってみたい……☆

この記事へのトラックバック